ピンボール ガンダムユニコーン

コロプラ

創業者のメッセージ

イメージ:創業者のメッセージ

どんなに苦しくても
祖となるコンテンツをつくれる会社で
あり続(xu)けてほしい

コロプラは過去にない新しい体験(yan)を届けるコンテンツ、いわば"祖"となるようなものをつくることに挑戦し続けてきました。

 例えば成功したものでは、GPSを活用した世(shi)界初の位置(zhi)ゲー「コロニーな生活」、スマートフォン初の本格(ge)的(de)クイズゲーム「クイズRPG魔法使いと黒(hei)猫(mao)のウィズ」、指(zhi)一(yi)本で本格(ge)的(de)なアクションゲームを可能(neng)にした「白(bai)猫(mao)プロジェクト」、などの開発(fa)があげられます。

しかしながら、同じ志(zhi)でつくっていても成功せず陽(yang)の目をみなかったコンテンツもたくさんあります。多くのユーザーさまに楽しんでいただけるようになったものは、たくさんつくった中のほんの一握りです。また、その一握りであっても世(shi)界を変(bian)える祖となるコンテンツとまではいえずまだまだ道半ばです。このように祖となるものを生みだすことは大変(bian)で決して楽なことではありません。そこにはいわば多くの生みの苦(ku)しみが生じます。

成(cheng)(cheng)功の確(que)率だけで考えると祖(zu)を目指(zhi)さず、過去(qu)の成(cheng)(cheng)功に倣おうとするほうが普(pu)通ではないでしょうか。でもコロプラはあえてそんな生みの苦しみに立(li)ち向かい、祖(zu)となるものづくりにこだわってきたからこそ、これまでやってくることができました。生みの苦しみを前にしても、多くの人に喜んでもらえると信じて乗り越えることこそが、価値(zhi)あるものづくりを実現すると僕(pu)は信じています。 

今から2歩(bu)先(xian)、3歩(bu)先(xian)、5歩(bu)先(xian)、世の中はこうなっていくという未来の当たり前(qian)をつくることに挑戦し続けてほしいと思います。もしかしたら、先(xian)を行き過ぎて周囲(wei)からの理(li)解を得られないかもしれない、大きく外(wai)れてしまうかもしれない。でも、ぜひ強い気持ちを持ってそれを乗(cheng)り越えてほしい。それを乗(cheng)り越えた者だけが、それまでの世界を変(bian)える祖となるコンテンツを生みだす権利をもつことができます。

どんなにしくてもとなるコンテンツをつくれる会(hui)社であり続けてほしい。これからどんなに時が経っても、どんなに規(gui)模が変わっても、コロプラの原点(dian)を忘(wang)れないためにこの言(yan)葉を受け継いでいってほしいと思います。 

株式会社コロプラ 代表取締役会長 兼 チーフクリエイター
馬場 功淳