ピンボール ガンダムユニコーン

コロプラ

事(shi)業推(tui)進と環(huan)境(jing)保全の両(liang)立

イメージ:安全性・健全性に関するガイドライン
  • イメージ:気候変動に具体的な対策を

サステナブルな社会を実現するために、
環境問題への取り組みを重要課題と捉え、
事業の推進と環境保全を両立する
さまざまな施策に取り組んでいます。
その中でも、SDGsにおける目標の一つである
「気候変(bian)動」の要因とされる地球温暖(nuan)化(hua)対(dui)策への取り組みを強(qiang)化(hua)しております。 

TCFD提言に基づく情報開示

気候変動が、事業にもたらす影響を評価する動きが広まっていることを受け、コロプラグループは、2022年12月より気候関連財(cai)務情報開示タスクフォース(TCFD)提言(yan)(yan)に賛同を表(biao)明いたします。TCFD提言(yan)(yan)の枠組みに基づく情報開示を下記にまとめました。

イメージ:TCFDロゴ
  • TCFD提言
    G20の要請を受け、金融安定理事会(FSB)が設置した気候関連財務情報開示タスクフォースが2017年6月に公表。

ガバナンス体制

代表(biao)取締(di)役(yi)社長を"サステナビリティ担当取締(di)役(yi)"に任命(ming)し、「リスク対策委員会(hui)」において、気候変動関(guan)連(lian)のリスク対応(ying)の審(shen)議・検(jian)討をし、その結果を取締(di)役(yi)会(hui)に報(bao)告しております。取締(di)役(yi)会(hui)は必要に応(ying)じて改善(shan)指示(shi)を実施し、監督を行っています。

イメージ:ガバナンス体制

戦略

コロプラグループは、気(qi)候変動(dong)が事業に与(yu)える影響(リスク及(ji)(ji)び機会)については、現時(shi)点で以(yi)下のとおり認(ren)識しています。なお、リスク・対策及(ji)(ji)び機会の検(jian)討にあたっては、2℃程(cheng)度に抑(yi)制できる「2℃未満(man)シナリオ」及(ji)(ji)び、脱炭素社会への移行(xing)が推進せず、平(ping)均気(qi)温が4℃上昇(sheng)する「4℃シナリオ」に区(qu)分(fen)しております。

2℃未満シナリオ
認識しているリスク 対応
移行リスク 炭素税の導入や規制・開示義務の拡大による事業コストの増加 ・脱炭素(省エネルギー化)へ向けた対応の整備
・新たな規制等への迅速かつ適切な対応
環境変化や気候変動に伴う投資家の行動や価値観の変化 ・TCFD提言等の気候変動対応関連の取り組み強化
上記リスクへの対応遅延による、ブランド価値の毀損やステークホルダーからの評価の低下 ・サステナビリティへの取り組み(グリーン電力、ペーパーレス化推進等)の継続及び発信
4℃シナリオ
認識しているリスク 対応
物理的リスク 災害の激甚化により、当グループ拠点への物理的・人的被害の発生 ・事業継続計画(BCP)の定期的な見直し
平均気温の上昇や感染症の増加に伴う、ライフスタイルの変化 ・リモートワークを含む多様なワークスタイルの推進
当社グループの事業に与える機会
プラスの影響
機会 ・行動や価値観の大きな変化に伴う新たな事業機会の獲得
・オンラインでのイベント増加等に伴う「WEBmetaverse事業」などの収益拡大
・上記リスク対応の実施や事業機会獲得による企業ブランドイメージやレピュテーションの向上

リスク管理

 気候変動に関するリスクについては、経営管理(li)部のとりまとめにより、全(quan)社的なリスクを一元的にマネジメントしているリスク対策(ce)委員会(hui)(hui)にて分析及びその対応(ying)(ying)策(ce)について議論を行います。そして、対応(ying)(ying)方針(zhen)の策(ce)定を推進(jin)するとともに当該リスクを、定期(qi)的に取締役会(hui)(hui)に報告いたします。

指標と目標

コロプラグループでは、気候関(guan)連リスク・機会(hui)を管理するための指標として、CO2排出量を算定いたしました。 

実績は、以下のとおりです。
CO2排(pai)出(chu)量実績(集(ji)計範囲:当(dang)グループ全体 単位:t-CO2)

項目 2020年4月~2021年3月 2021年4月~2022年3月
CO2排出量(t) Scope1 0 0
Scope2 1,347 1,252
Scope3 - 2,161
  • Scope3に関しましては、主な排出項目となる外部クラウドサーバーからの排出量となります(グループ会社除く)。
    今後、Scope3の他のカテゴリの算出可否についても検討してまいります。

Scope1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
Scope2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
 Scope3:Scope1、Scope2以外(wai)の間接排(pai)出(chu)(chu)(事業者の活動(dong)に関連する他(ta)社の排(pai)出(chu)(chu))

環境に配慮した取り組み

CO2削減を中(zhong)心に環境に配慮したオフィスづくりを進めています。

床材などに天然素材「リノリウム」を使用

オフィスの床材や什(shen)器には、地球(qiu)環(huan)境にやさしい天然素材の「リノリウム」を採用しています。リノリウムは、抗ウイルスでありながらカーボンニュートラルでもある素材で、CO2排出(chu)削減に貢献(xian)しています。

ペーパーレス化の推進

  社内(nei)外文書(shu)や契約書(shu)等(deng)の押印電子化に加え、文書(shu)廃棄(qi)に専用(yong)のリサイクルボックス「保護(まもる)くん」を設置し、機密保持(chi)とリサイクルの両立を図るなどぺーパーレス化を促(cu)進しています。

イメージ:文書廃棄専用のリサイクルボックス「保護(まもる)くん」

再生ペット樹脂の飲料ボトルを使用

来客用に配布している「コロプラ水」と題した飲料ボトルには、再生ペット樹脂を使(shi)用したリサイクルPETボトルを使(shi)用しています。 

イメージ:来客用に配布している「コロプラ水」と題した飲料ボトルには、再生ペット樹脂を使用したリサイクルPETボトルを使用しています。

水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」を設置

感染(ran)症(zheng)(zheng)対(dui)策の一つとして設置した「WOSH」は、使用した水(shui)の98%以上(shang)を循環(huan)させて再(zai)利用する手洗いスタンドです。感染(ran)症(zheng)(zheng)対(dui)策への対(dui)応と水(shui)資源の効(xiao)率的な利用を図ります。

イメージ:使用した水の98%以上を循環させて再利用する手洗いスタンド「WOSH」

グリーン電力の導入

本(ben)社オフィスで使用する電(dian)力のグリーン化を進め、2022年(nian)4月より電(dian)力の一部を再生可能エネルギー由来のグリーン電(dian)力へ切(qie)り替えました。これにより、年(nian)間約116tのCO2排出(chu)削減効果を見込(込)んでおり(杉の木約8,300本(ben)分の削減効果に相当)気(qi)候変動の原(yuan)因とされる温暖化の抑制、脱炭素化を加速させます。

  • コロプラが入居する東京ミッドタウンの賃貸人である三井不動産株式会社と東京ミッドタウンにおける「非FIT非化石証書付電力の適用に関する覚書」を締結。
イメージ:コロプラオフィスの電力をグリーン電力へ切り替えたことで年間約116tのCO2排出削減効果を見込んでいる(杉の木約8,300本分の削減効果に相当)