ピンボール ガンダムユニコーン

コロプラ

安心(xin)して働ける環境づくり

イメージ:安心して働ける環境づくり
  • イメージ:働きがいも経済成長も
  • イメージ:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • イメージ:パートナーシップで目標を達成しよう

全従業員が安心して働くことができる職場環境を実現するために、
ワーク・ライフ・バランスなどを推進するさまざまな人事施策に取り組んでいます。
新しい時代に合わせた人材育成や勤務制度、充実した福利厚生など
コロナ禍でも従業員(yuan)一人ひとりが生産性を高めて活(huo)躍(yue)できる環境づくりに注力しています。

人材育成

全社向けeラーニングの実施

 全従業員を対象にコンプライアンス、ハラスメント、情報セキュリティ、健康に関する知識(shi)や認識(shi)を高めるための研修をeラーニングで実施(shi)しています。

各種研修

新卒研修や管理職向け研修などをハイブリッド形式で実施しています。新卒研修では、ビジネスマナー研修をはじめ、チームビルディング研修、各職種ごとの専門スキルを磨くゲーム開発研修など知識やスキルの定着を図りながらカリキュラムや運営体制を整えています。
管(guan)理職向(xiang)け研修では、グループワークやロールプレイングなど疑似体(ti)験を交えた形式で実施(shi)し、能(neng)力向(xiang)上を図ります。 

1on1ミーティング

 上(shang)司と部下が1対(dui)1でコミュニケーションを行(xing)う1on1ミーティングを隔週で実(shi)施(shi)しています。主にタスクの進捗や相談、今後のキャリアで実(shi)現(xian)したいことなどを共有し、信頼関係の構(gou)築(zhu)と双(shuang)方の成(cheng)長(chang)を促(cu)す機会として活(huo)用されています。

カンファレンス参加支援制度

 CEDECやUnityをはじめとする各種学会(hui)などへの参加を積極的に推奨しています。

社内勉強会

 技術力の向上を目的とした勉強(qiang)(qiang)会を定期的に開催しています。勉強(qiang)(qiang)会では各職種ごとにそれぞれの学びを効(xiao)率よく共(gong)有したり、課題(ti)に対して議論(lun)しながら知識を深(shen)めたり、常に技術の向上に努めています。また社(she)内(nei)だけでなく、同(tong)業他社(she)との勉強(qiang)(qiang)会を実施するなどゲーム業界を中心にさまざまな業界との交(jiao)流を図(tu)っています。

書籍購入サポート

技術書(shu)やビジネス書(shu)をはじめ、雑誌(zhi)、漫画、専門書(shu)など現在蔵書(shu)は3,000冊を超え、広い知識を習得できるように会社(she)負担(dan)で書(shu)籍購入サポートをしています。在宅勤(qin)務でも利用できるようオンライン上の貸出・返却が社(she)内ツールで可能です。

TRY会議

 新(xin)規事業創出のアイデアを従業員から「集め」「磨き上(shang)げ」「実行する」までを有志の従業員自らがサポートする仕(shi)組みです。TRY会議内で精査(cha)された提案は最終(zhong)的に経営会議に上(shang)程できる仕(shi)組みになっています。

主な勤務制度

フレックスタイム制度

ライフスタイルに合わせて出社(she)退社(she)時間を自由に選(xuan)べるフレックスタイム制(zhi)度を導(dao)入(ru)しています。現(xian)在は「フレキシブルワークスタイル制(zhi)度」を導(dao)入(ru)し、本部ごとに状(zhuang)況に合わせて柔軟に出社(she)/在宅を決められるよう運(yun)用しています。

深夜(22時以降)の残業を原則禁止

原則22時(shi)以降の残(can)業は禁止(zhi)とし、残(can)業時(shi)間の削減に取り組んでいます。ゲームの運用で突(tu)発(fa)的(de)に問(wen)題が発(fa)生(sheng)し、その日のうちに対処せざるを得(de)ない場合は申請(qing)をした上で業務にあたるという例外はありますが、基本的(de)に22時(shi)にはオフィスに誰もいない状(zhuang)況になります。 

育児・家族に関する制度

産前産後休業・育児休業

 産前産後休(xiu)業(ye)(ye)及(ji)び育(yu)児休(xiu)業(ye)(ye)は雇用形態に関係なく取(qu)得できます。育(yu)児休(xiu)業(ye)(ye)は保育(yu)所等(deng)に入(ru)所を希望していても入(ru)所できない場合(he)や、従業(ye)(ye)員の配(pei)偶者など育(yu)児に当たる予定(ding)だった方が何らかの事情により子供の養(yang)育(yu)が困(kun)難になった場合(he)も、一定(ding)の条件を満たしていれば休(xiu)業(ye)(ye)期間が延長ができます。

また厚(hou)生労働省令和3年(nian)度雇(gu)用均(jun)等基本調査で発(fa)表された育児(er)休業取(qu)得(de)(de)率(lv)(女性(xing)85%/男性(xing)14%)に対し、コロプラの取(qu)得(de)(de)率(lv)は女性(xing)100%、男性(xing)68%と男女ともに高く育休を取(qu)得(de)(de)しやすい環(huan)境(jing)づくりを整備しています。

  • 2021年1月~9月に出産、もしくは配偶者が出産した従業員のうち育児休業を取得した割合

はれのひエール(慶事祝金・慶事特別休暇)

従業員の結婚や出(chu)産(配(pei)偶者(zhe)を含む)をお祝(zhu)いするために、会社から慶事(shi)祝(zhu)金や慶事(shi)休(xiu)暇が支(zhi)(zhi)給(gei)される制度です。慶事(shi)祝(zhu)金は、勤続年数によって3~5万(wan)円(yuan)が支(zhi)(zhi)給(gei)されます。出(chu)産の場(chang)合は子(zi)供1人(ren)につき2万(wan)円(yuan)が支(zhi)(zhi)給(gei)されます。慶事(shi)休(xiu)暇は、本人(ren)だけでなくご家族の結婚や配(pei)偶者(zhe)が出(chu)産した場(chang)合でも1~5日間(jian)の特別休(xiu)暇が付与されます。

Family Day

従業員のご家族をオフィスに招待するファミリーイベントです。職(zhi)場環境を見ていただくだけでなく、オリジナルのゲームをしたり記念写真を撮ったりするなど、ご家族を通じて従業員同士のコミュニケーションを図るイベントです。

次世代サポート休暇

育児(er)または不妊治(zhi)療(liao)中(配(pei)偶者含(han)む)の従業(ye)員が有給休暇を使い切ってしまった場合(he)でも、子または配(pei)偶者の通(tong)院(yuan)を伴う看護・従業(ye)員本人が不妊治(zhi)療(liao)中の場合(he)は本人の通(tong)院(yuan)を目(mu)的として、さらに年5日間の有給休暇を取得できる制(zhi)度です。

ニチイキッズ保育園と提携

 ライフステージが変わっても安心(xin)して勤(qin)め続けてほしい、仕事と家庭の両立を応援したいという思いから、「ニチイキッズ保育(yu)園(企業枠)」と提携(xie)。産休・育(yu)休を経て職場復帰を希(xi)望(wang)しても保育(yu)園を見つけられなかった従業員をサポートしています。

マイタイム

子供を育てる従業員を対象に、多様なワークスタイルの選択を実現した制度です。子供が小学校を卒業するまでの間で、ライフスタイルに合わせて選べる3つの勤務スタイルを提案しています。
1.時差出勤
2.短時間勤務
3.時差(cha)短(duan)時間勤務

ベビーシッター割引券の配布

 内閣府による企業主導型ベビーシッター利用(yong)支援事業を導入し、従業員がベビーシッターサービスを利用(yong)した場合(he)、料金を助成する割引券(quan)(対象児(er)童(tong)1人あたり1回最大4,400円)を配布しています。

パパ手帳、ママ手帳

 出産(chan)・育(yu)児に必要(yao)な公的手続きや社(she)内手続き、復帰までの制(zhi)度などをまとめたオリジナルの手帳(zhang)です。産(chan)前産(chan)後休業及び育(yu)児休業取(qu)得(de)者の声なども掲載(zai)し、産(chan)育(yu)休への不安軽減にも努(nu)めています。

介護休業・介護休暇

対象家族(配偶者、父母、子および配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹および孫)が2週間以上にわたり常時介護を必要とする場合、一定期間の休業が可能です。
また要介護状態にある対象(xiang)家(jia)(jia)族の介護、通院等の付き添いなどが対象(xiang)家(jia)(jia)族に必(bi)要となった場(chang)合、介護休(xiu)(xiu)暇の取得(de)が可能です。当該家(jia)(jia)族が1人の場(chang)合は1年間につき5日(ri)、2人以上(shang)の場(chang)合は1年間につき10日(ri)を限度として介護休(xiu)(xiu)暇を取得(de)することができます。

主な福利厚生

ランチ会サポート制度

役職(zhi)者主(zhu)催で実施したランチの費用を一部支給(gei)する制度を設けています。チームビルディングランチ(四半(ban)期に1度を目安)、歓送迎会(hui)ランチに対して、1人(ren)1,500円(yuan)まで実費で支給(gei)をします。

Kuma SPA

ヘルスキーパー(国家資格を持つ企業内(nei)理療師(shi))が常(chang)駐する「Kuma SPA」という名のマッサージルームを設けています。従(cong)業員であれば誰でも無料で就(jiu)業時間(jian)内(nei)にマッサージを受(shou)けることができます。(週1回まで)

部活動制度

仕事の繋(xi)がりだけでなく、仕事以外(wai)のところでも幅広(guang)い交(jiao)流ができるよう部活動を支(zhi)援(部費を一部支(zhi)給)しています。運動系(xi)、文(wen)化系(xi)を合わせて、約(yue)30種(zhong)類の部活動があります。 

  • 新型コロナウイルスの影響により現在は感染対策を徹底しながら活動しています。

無限バナナ

従業員の健(jian)(jian)康(kang)配慮(lv)と感染対策の両立を考(kao)え、オフィスに食べ放題のバナナコーナーを設置し、出(chu)社した従業員がいつでも自由にバナナを食べることができる福利厚生です。栄養(yang)価の高いバナナを提供することで、従業員の健(jian)(jian)康(kang)促進を図(tu)ります。

インフレサポート特別手当

世界的に続く物価高騰や円安の影響に伴い、従業員の生活支援として一律月額1万円を支給するインフレサポート特別手当を導入しています。
支給期(qi)間:2023年1月(yue)〜12月(yue)(12ヶ月(yue)間)  

健康に関する福利厚生

定期健康診断の補助

毎(mei)年の定期健康診(zhen)断(35歳(sui)以上(shang)は健保指(zhi)定ドック・40歳(sui)以上(shang)は人間ドック)は業(ye)務(wu)時間内の受診(zhen)が可能(neng)です。女性従業(ye)員は婦人科検診(zhen)オプションも会社負担で受診(zhen)できます。なお、健康診(zhen)断受診(zhen)率は毎(mei)年100%を達成(cheng)中です。

インフルエンザ予防接種補助制度

季節性インフルエンザの予(yu)防のため、インフルエンザの予(yu)防接種費用を補助(zhu)します。